読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近聴いてるやつ

一年ほど書く気を起こさず放置している間に、入社というものをしました。 大学へは徒歩五分のところに済んでいたので、通学で音楽をまともに聴けてませんでしたが(1、2曲くらいのペース)、今は通勤で電車を使っているので、音楽を今までよりもわりかし習慣的に聴くようになりました。最近は、買ってたけどまともに聴いてなかったな、というアルバムを意識的に選んで聴いています。相変わらず家では録画したテレビの消化で忙しくて音楽聴いてません。

愛と笑いの夜

愛と笑いの夜

ここ最近で一番、「前から持ってたのに今までちゃんと聴いてなくて後悔した」アルバムです。今更すぎるんですが、サニーデイって良すぎない?と思いました。今まで「Best Sky」くらいしかまともに聴いてなかったんですよね。「知らない街でひとりぼっち」「週末」が特に好きです。

LOVE ALBUM

LOVE ALBUM

音楽的語彙が乏しいので「フリッパーズギターの3rdみたい」という感想を抱きました。「魔法」ヤバいですね…

山下達郎は「GREATEST HITS」と「TREASURES」の二枚のベスト盤だけ持ってて、一昨年くらいに中古で安く見つけたので買ったけど、JODYとか高気圧ガールとかしか消化できてなかったやつ。「夜翔」「メリー・ゴー・ラウンド」カッコよすぎる。そして「あしおと」めちゃくちゃ好きです。

ナマで踊ろう(初回盤)

ナマで踊ろう(初回盤)

「ナマで踊ろう」「義務のように」のアンニュイな雰囲気が頭から離れなくなったりする。先月の終わりに熱を出して寝込んでてそのときに流したらとてもよかった。

Coffee Bar Cowboy

Coffee Bar Cowboy

なんかパッとしないというイメージだったんですがちゃんと聴いたらちゃんと素晴らしかったです。「DiscOball」「SAVE ONESELF」が好きですね。

9/6(今はいつもどこにもいかないで)

hiko1985.hatenablog.com

色んなものの感想や率直に思ったことなどを自由に書きたいなと思って立ち上げたブログなので(あまり人前でおおっぴらに話すことは躊躇われるようなこと以外は/本当はそういうことも書いてみたいけど)、人の日記に対しての感想も今なら書きたいって思える。幾万とあるブログの中で一番好きだな、と思う、ヒコさんという方の『青春ゾンビ』というブログ。特にこの「最近のこと」というシリーズ?備忘録的な記事が大好きなのだ。会ったこともない人の日常を知れるし、何よりこのブログの日常は情報量が多くて。 この記事の何を読んで書きたくなったのかというと、ヒコさんがGOING UNDER GROUNDを好きになるきっかけとなった2001年の「ロックロックこんにちは!」のビデオテープの話。これ、自分も見たなーということ、それだけなんですが。「ロックロックこんにちは!」はスピッツが主催のフェスなんですが、僕の母親がスピッツファンでして、知人からこの放送を録画したVHSをもらったらしく、当時小学生(多分高学年)の自分も訳も分からず見ていた。そこで出会ったのがPOLYSICS。当時の最新曲が「NEW WAVE JACKET」とかの頃。「今は多分いつでもそばにいて」とか、ハヤシの言語感覚が好きだ。この頃、才気走ってるなー。


POLYSICS - NEW WAVE JACKET


POLYSICS - PLUS CHICKER


POLYSICS - WHICH!


POLYSICS - AT-AT

探したらそのときの放送の模様が全曲アップされていた。懐かしいなー。まだ「Toisu!!!!」という挨拶を生み出す前だ。そして思いっきりスベってるのがゾクゾクする。寒々しいけど、演奏が本当にかっこいい。アウェイの方がカッコよく見えるの、あるな。 初めてこの映像を見たときは小学4年か5年くらいだったと思うんだけど、「なんなんだこれは??」としか思ってなかった。でも強烈に印象に残ってて、CD屋とかで『カジャカジャグー』を見つけて視聴してどんどんのめりこんでいった、という経緯がある。『FOR YOUNG ELECTRIC POP』『National P』はレンタルしてコピーしてずっと聴いていた。『Baby BIAS』から新譜はシングルも含めてすぐ買っていた。ずっと世界で一番好きなバンドはPOLYSICSだった(スピッツと同じくらい)。一番多感だった頃にハヤシがスペースシャワーTVでやっていた『NEU!!!!』という番組で紹介された音楽には並々ならぬ影響を受けたし(P-MODELは全ディスコグラフィを網羅したボックスセットをお年玉で買った)、テクノポップニューウェーブに興味を抱いたのも完全に彼らがきっかけだった。カヨが抜けた後『eee-P!!!』当たりから自分の熱の雲行きが怪しくなってきて、『MEGA OVER DRIVE』以降は全く聴けていない。悲しいけど、これから一生ずっと好きなんだろうと思っていたバンドもそういうふうになってしまうんだなあ。the telephonesや9mm、マキシマムザホルモンと仲良くなりだしたことも熱が冷める要因の一つだったと思う(どれも好きなバンドではあるが)。今でも『FOR YOUNG ELECTRIC POP』を聴くと熱い気持ちが甦ってくるし、一度原点に返ってみては???ハヤシ、ソロとかやってみてはいかがですか??

思い出話でアツくなってしまいました。 スピッツPOLYSICSと言えば「チェリー」のおもしろカバーですが、「チェリー」を「21世紀の精神異常者」の展開になぞらえて演奏するという斬新すぎるアイデア


SPITZ - Cherry (Polysics remix) (Audiosurf)

最近、Twitterでほぼ毎日1P漫画を更新している風見2さんの『聴く専!!』という連載でPOLYSICSのことが書いてあって嬉しくなった。 meetia.net

『青春ゾンビ』でグッときた箇所がもう一つあって、「10代前半の頃って、もう誰でもいいから分かち合いたくてしょうがなかった」という一文。あーそうだそうだ、と自分も思い出していた。小学生高学年や中学生の頃、まさにPOLYSICS電気グルーヴ、またラーメンズのDVDなどを人に押しつけまくっていた時期があった。その押しつけってのはかなりキツいもので、思い出すだけでも落ち込んでしまう。ダンスをやっていた好きな女の子に、「ダンスが好きなんだからこれも好きになってくれるだろう」という自信のもと石野卓球のソロアルバムをコピーしたCD-Rをあげたりとか、かなりキツい思い出。アジカンRADWIMPSが好きだった男子の友達に、自分の好きな音楽を入れたMDを貸し、返してもらったら中身を入れ替えてまた貸す、というようなことをやりまくっていた。髭 (HiGE)とかZAZEN BOYSとか。ただ「自分の好きなものを他の人にも好きになってもらえたらいいな」という思いのみに突き動かされてそういうことをしていたのだけれど、今思うと顔を覆ってしまう。

7/14

自動車学校。路上教習も大分慣れてきた。未だに俯瞰で見た図が想像できなくて、対向車とすれ違ったりトラックと並走したりするのがめちゃくちゃ怖い。

chikyunokikiの新譜、凄まじい。2013年のアルバム『Layer』に比べて祐伸さんの歌が押されている気がする。今回はシングルもPV曲も歌ものだし、押しているのだろうか。『Layer』からのリードトラックは「karabato」ってインスト曲だったし、やっぱり歌ものが好きなので単純に嬉しいな。帯広時代から祐伸さんを見ていたということもあるけど。


chikyunokiki - Life Game

バカ売れしてほしい。ていうか、Eggsとかいうタワレコ内のレーベルから出てるタワレコ限定の新譜らしいのに、近鉄パッセタワレコでちっとも展開されてなかったのが凄く悲しかった。J-INDIESという棚に気付かなくて20分くらい探した。

7/11

生活リズムが狂いまくっており、昼の3時に起きたりする。そんなんだから夜中になっても一日活動した気がしなくて眠りにつく気が起きず、日が昇ってから寝に入って、同じことを繰り返してる。

 

さまぁ〜ずの芸人100人が答えました』を観た。奥さんが美人だと思うランキングとかいう企画。「美人妻」って言葉だったり、人の奥さんのことを「レベルが高い」と評価することだったり、これが番組として成立していることに全てが気持ち悪く思えた。あといくらの家に住んでいるだとか、カネの話が多くて卑しい気持ちを刺激するものばっかりで愉快な気持ちで観れなかった。せっかく芸人100人が一同に介してる良い画なのに、これかー、って感じ。素晴らしい芸を披露している芸人がどんな家に住んでいようが、関係ないね。

f:id:sos_u:20160712021958j:plain

あと、「偉人・有名人を親戚に持つ芸人」、ってやつ、ビックリするほどどうでもよすぎて困惑した。このどうでもよさ、「凄いけどどうでもいいねw」って落としてほしいけど、ただ「すげ〜」と流されてしまうのが気持ち悪い。芸人100人もいるのに!「オキシジェンのツッコミが青山剛昌といとこ」という情報が1位って構成がすでにウケるのに、それ自体が笑いにならないのもなんかなー。皆知ってるからか。「誰だよ!」って雰囲気になれよ。誰も知らない大道芸人のVTR流して「すご〜い」じゃないよ。たんぽぽ川村の飲みの席での(恐らくTENGA社長との)ノロケ話みたいなやつはよかった。結局、ゴルゴ松本が昭和64年の500円玉を持っていた、というエピソードが一番笑いました。ハリウッドザコシショウの自宅に電気グルーヴの『ドリルキングゴールデンヒッツVol.3』が飾ってあるのが最高。オリジナルアルバムのLPじゃないのが渋いなー。撮影用に用意したんだろうけど、だったら尚更最高じゃないか。

f:id:sos_u:20160712022514j:plain

あと、オレンジサンセットが解散していたのをこの番組で初めて知ってショック。笑けずりで面白かったのになー。三村が潰したとは。

『その「おこだわり」、私にもくれよ!』、2話まで観たけど、面白さがまだあんま分かんないなー。来週大橋裕之が出て来るのがとても楽しみだ。とりあえず原作を読みたい。松岡茉優は尊い。自分より年下だという事実に悲しくなったけど、一生応援したい。

7/2

ベアーズマーキンというバンドのライブを観て、これがめちゃくちゃ素晴らしくて、観ながら思ってたのはまずボーカルの声がオウガの出戸学の生き写しのような声で、だから良かったって訳では全くないんだけど、本当に良くて、でも何が良かったのか言語化できなくて、言葉にできるのって「ドラムの人の叩いてるときの表情の変化が良かった」ぐらいで、音楽の部分で何が良かったのかを伝えられなくて、終わった後ボーカルの人に話しかけたんだけど、散々「声が出戸に似てる」とか「オウガっぽい」とか言われ尽くしてるだろうしあんまり言われたくないだろうな〜と思ったけど、あまりに良かったと思ったことを言葉にできなくて「散々言われてるでしょうけど、良い意味で昔のオウガを観ながら思い出しました…」とか口走っちゃって、案の定複雑な表情してて、あーーー言わなきゃ良かった、って後悔して、悲しくなった気持ちが家に帰っても残っていたのでさっきの記事を書きました。まだ悲しい気持ちは消えてません。一週間くらい残りそう。実は来月末に対バンするんでまた観れるのが本当に楽しみだけど、またそれを思い出して引きずりそう。

帰りに鶴舞駅の階段で駅員さんがそれ明らかに血だろってものを掃除していてめちゃくちゃ怖かった。かすかに生臭かったので確信した。Twitterで検索かけてみたらおじさんが階段から落ちて血まみれになって運ばれたらしい…階段から落ちて血まみれになるもんだろうか…吐血かな。

 

アメトーーク!エゴサーチ芸人。ウーマンラッシュアワー村本さんの好感度が上がった。自分の出ている収録を見ながらエゴサーチするVTR、自己分析というか見方が凄いし、なにしろ自分の言葉がウケて喜ぶ姿があどけなくてとてもいい。あと、ロッチ中岡さんの誰も傷つけずに笑いを取るのには感動すら覚えた。優しさの塊みたいな人という印象を受ける。以前からなんとなく好きだったけど、より好きになった。なんとなく好きだったのはなんとなく優しさを感じ取っていたからか。人の好感度が自分の中で上がるとどうして嬉しくなるんだろう。『笑けずり』を見て、若手のネタに真面目にコメントするお笑いに真面目な姿を見てノンスタイル石田さんの好感度が上がったときも嬉しかった。こんな捻くれた自分でも、他人への好感度を上げるとなんとなく優しい気持ちになれるから俺の心はまだ終わっていない、と思える。

 

ヨイ★ナガメ:イルネスな男たち〜日夜にコント〜(5/8) - livedoor Blog(ブログ)

自分が「面白い人が好き」っていうのは事実なんだけど(芸人も大好きだし、ツイッターの面白い人も好きだ)、面白い人を見てるだけで自分が面白くなったような気になってるっていうのはハッとしたというか、本当に身につまされるような思い。

 

今日の出来事を一句したためて寝ます。

イヤホンの カナルをなくして やな感じ

ありがとうございました。

自分のにわかさについて考えてみる

4月から就活生になって、就職活動を進めていくうちに自然と「自分とはなんなのか」ということを考えることが多くなった。自分を見つめ直す機会といえばいいのか、それを与えてもらったという意味では、就活には感謝してる。

、、、というのは、ウソです。半分はウソ。「就職活動を進めていく」という部分と「就活には感謝してる」という部分がウソ。なぜなら現状、就活してないから。今は思考停止状態で、本当にクソみたいな生活をしてます。

半分は本当のことで、就活してないからこそ人生って何なんだとか、生き方について考えるようになってしまって、寝てる時、酒とか飲んで思考停止してる時以外は振り払っても振り払っても「自分って何なんだ」って考えがまとわりついてくる。メシがまずくなる。今日はベアーズマーキンというバンドのライブを観て、名前しか知らなかったんだけど圧倒されちゃって凄く良くて、でも家に帰ってシャワー浴びて考え事をしていたら文章化したいと思ってこんなブログを立ち上げてしまってる状態。

 

自分の「にわか」さに嫌気がさすことが頻繁にある。

ライブだとか、映画だとか、「良かった」と思えたものを見て、その「何が良かったか」を人に伝えることができない。コミュニケーション能力に問題があるってのもあると思うんだけど、まず感想を言語化することが苦手すぎる。中学3年生の頃にブログを立ち上げたのに未だにこれでいいのか。まるで成長してない。あと使う表現、言回しが一辺倒。さっき「感想を言語化することが苦手すぎる」って書いたけど「〜すぎる」って言葉を使いまくってることに書いて初めて気付いた。

で、なんで「何が良かったか」を自分の言葉で言い表すことができないのかってのを考えたときに、自分が何においても「にわか」だからなんじゃないか?と思った。「にわか」って言葉が妥当なのかは分からないけど。

まず音楽。自分の一番の趣味だと思ってるけど、やっぱり自分は音楽を知らなすぎる。好きなものはたくさんあるのに、それを語れない。人と話してて「俺もそれ好き!」ってなったのに、その人に「何が良いのか」を説明できない。そういう経験を繰り返すうちに、本当に自分は音楽が好きなのか?という思いが強くなっていった。俺、お笑いの方が好きなんじゃないか?とまでちょっと。欲しいと思い続けているアルバムを何年も欲しいと思い続けながらまだ買ってない、みたいなのが多すぎる。

あと漫画。特にギャグマンガが好き。頭を空にして読めるから。音楽と同じく「読みたい」と思いながらもお金を出して買ってない作品がけっこうあるな。あと、これが音楽と同じ「自分は詳しい」と思ってしまう一番の要因なんだけど、買って読んでない漫画と本や聴いてないCD、観てないDVD、いわゆる本で言う「積ん読」が家にめちゃくちゃある。買って満足しちゃう、これはかなりデカい。

ゲーム。これは特ににわかだなーと思うことが多い。プレステシリーズ持ってないから。自分は昔からやっていた『スーパーマリオワールド』『ヨッシーアイランド』等の任天堂から出てるスーファミのゲームが好きで、だから「レトロゲームファン」みたいなことを思ってるんだけど全然違って、PCエンジンとか触ったことないし、MSXとか知らないし、「レトロゲームファン」を名乗っちゃいけない。ゲームセンターCXで出て来るゲームほとんど知らないし。単純にマリオやカービィが好きってのはある。だから「任天堂のファン」って言えばいいのかな?とも思ったけど、ゲームキューブ以降のマリオのゲームほとんどやったことないし…。これはいかん、と思ってWiiだけ買って『ギャラクシー』をやったんだけど途中で飽きてしまった。でも、『ワールド』『マリオ3』って堪らないよね、という気持ちは大きくある。ここらへんのグラフィックとかBGMって最高だよね、みたいなこの気持ちこそが「レトロゲーム好き」だと自分を思い込ませる要因というか、話をややこしくさせるんだよなあ…。

お笑い。これはあんまり自分がにわかだなーと思うことは少ないけど、でも「どこがどう面白いか」を語るのって難しい。

上に挙げたようないろいろなものに触れて、例えばライブを観ていて、思うことといえば「なんか好きだな」「あんま好きじゃないな」って振り分けてるだけで、具体的なことを考えない。漫画で言ってもギャグ、映画や芝居でもコメディを自分が好むのは、観たあとに考えなくていいから。考えなくていい、というのは言葉が強いか。考えなくても罪悪感がないから。極度の面倒くさがりなので、考えることがめんどくさい。観てる最中に「面白いな〜」って思いたいし、観終わったら「面白かったな〜」で済ましたい。ただでさえ読解力がないので、そもそも作った人の意思を読み取れてない。で、後からブログとかで他人のロジカルな感想を読んで、「自分がそう思った」気になるっていうことが多すぎる。作品を観て自分では思わなかった感想を読むことは色んな発見があって面白い。でもそういうことを続けていくうちに人の感想を自分が抱いた感想のように錯覚してしまう。それを自分が思ったかのように人に話してしまう。まさに受け売りというか、よくないですね。書いてて自分のことがさらにわかったような気がしてきました。

あと、自分が観てないものについても言える。観てないのに、他人の感想を読んで知った気になることがすごく多い。当たり前のことだけど、「自分が触れたことのある作品しか、触れたことがない」ということがとても大事なんだな。調べていく上で知ったものとかを名前、存在を知っただけで「触れた」と思い込んでしまうということってあるし、その量が膨大だと「知識がある」と勘違いしてしまう。特に自分はインターネットばかりしてすぐ調べちゃうので、名前だけ知ってるものが多すぎる。海外のバンドの名前とか。まあでも、「名前だけ知ってるものが多い」ってのは物事にのめり込む入り口というかきっかけになりやすいということでもあるだろうから、それを活かせれば良いのかもしれない。

 

書いていて訳がわからないことになったし、朝の4時半になったので筆を置きたいと思います。本当に文章下手だなー。Aを書いている途中で思いついたBやCは、忘れないように最後に書き留めておくんだけど、書いているAをBやCに繋げるのがとても苦手だ。これがうまくなればブログ上手に少し近づける気がする。今日の自分語りはここまでにします。